さいき城山桜ホールオープニングイベント

開館記念コンサート&文化芸術フォーラム観覧者募集

 さいき城山桜ホールが10月31日(土)にいよいよ開館を迎えます。新型コロナウイルスの影響で、当初予定していたセレモニーは、時間の短縮や合唱の中止等新しい生活様式を取り入れた形に演出を変更いたしました。総合演出の土崎譲さんによる「さいき城山桜ホール」の誕生に際し、市民の心に刻まれるようにという思いが伝わるセレモニーとなっております。皆さまへは「開館記念コンサート」と「文化芸術フォーラム」を御案内いたします。いずれも事前申し込みが必要です。幾度とない開館の記念にぜひお越しください。
※新型コロナウイルス感染防止対策を十分に講じた上、皆さんに楽しんでいただけるよう開催いたします。御理解、御協力をお願いいたします。

☆開館記念コンサート「フィオーリス~開花~」

開催日時  令和2年10月31日(土) 13時30分~
開催場所  さいき城山桜ホール 大ホール
定員(予定)  350人程度
入場料 無料

小菅 優
ピアノ披露独奏  小菅 優  (25分)

 ヨーロッパを拠点に活躍するピアニスト小菅 優さんによる演奏です。 世界最高峰のピアノ 「スタインウェイD-274」 がホールの開館を素晴らしい音色で彩ります。

ガラコンサート  (30分)

「ガラ」とは、祝祭や特別を意味するフランス語です。4人のソリストが、オープニングにふさわしい名曲の歌唱で開館に華を添えます。



1 合唱組曲「豊後の國 佐伯」より“城山-独唱-”           ソプラノ 佐藤 美枝子
2 ビゼー「カルメン」より“ハバネラ”             メゾソプラノ 但馬 由香
3 プッチーニ「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”     テノール 土崎 譲
4 ロッシーニ「セビリアの理髪師」より “陰口はそよ風のように”    バス 伊藤 純
5 プッチーニ「蝶々夫人」より“ある晴れた日に”        ソプラノ 佐藤 美枝子
6 ヴェルディ「椿姫」より“乾杯の歌”             全 員

☆文化芸術フォーラム

開催日時  令和2年11月1日(日) 14時~
開催場所  さいき城山桜ホール 大ホール
定員(予定) 350人
入場料 無料

こども・市民ミュージカル、宇目神楽保存会との共演舞台
「蕾(TSUBOMI)~桜舞の讃歌~」(45分)

脚本:後藤 香  演出:岸本 尚泰

開館を祝して、こども・市民ミュージカルと宇目神楽保存会がエネルギッシュに共演します。

コーディネーター
平田 大一
パネルディスカッション「地域が輝く芸術の力」 (90分)
パネリスト 小野 正嗣
パネリスト 常盤 貴子
パネリスト 新見 隆
パネリスト
田中 利明

コーディネーター:佐伯市文化芸術振興計画策定アドバイザー 、
沖縄県文化芸術振興アドバイザー・南島詩人(「ダイナミック琉球」作詞者) 平田 大一

パネリスト:小野 正嗣 (作家)、常盤 貴子 (女優)新見 隆 (武蔵野美術大学教授)、 田中 利明(佐伯市長)
佐伯市文化芸術振興計画の策定に向け、佐伯にゆかりのある文化人が芸術の持つ力について、幅広い視点で意見を交わします。

《応募方法》
往復はがきに氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、年齢、電話番号、来場希望人数、希望イベント名(開館記念コンサート、文化芸術フォーラム又は両方でも可)を記入し、郵便で御応募ください。
☆1人当たり1通・4人まで。申し込み多数の場合は抽選。
☆当選発表は、当選はがきの発送をもって代えさせていただきます。
《応募期限》
令和2年9月30日(水) 消印有効
《応募・問い合わせ》
佐伯市役所 文化芸術交流課 文化芸術振興係(☎0972-22-4529)

TOP